2013年06月15日

消費者向けのサービス

技術は、大手のポータルサイトに倣ったものだといわれています。
いわば消費者向けのWebサービスを、そのまま企業向けに改良したものだとお考えください。
消費者向けのサービスをConsumer Webと呼び、法人向けをBusiness Webと呼ぶ定義も行なわれています。

通常、消費者向けのサービスは、無料でコンテンツを提供し、企業からの広告収入で運営されます。
対して、企業向けのサービスは、セキュリティやプライバシーなどを強化したうえで、有償にてサービスを提供する点に最大の違いがあるといえるでしょう。

ホームページ集客のポイント
【関連する記事】
posted by ロビン48 at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

クラウドの基礎

クラウド(雲)は、ネットワークやインターネットを表す言葉として用いられます。
ですから、クラウド型CRMは、ネットワーク化されたCRMと考えてください。
従来よりネットの世界は雲で表現される場合が多く、その構図が由来と考えられます。
クラウドの形態で提供されるサービスを一般に「クラウド・コンピューティング・サービス」もしくは「クラウド・サービス」といいます。
さらに、そのサービス事業者は「クラウド・サービス・プロバイダー」、「クラウド・プロバイダー」と呼ばれます。

一般向けのサービスを「パブリック・クラウド」、企業内などに構築するサービスを「プライベート・クラウド」といって区別します。
クラウド型CRMは後者にあたります。
従来のCRMは、ユーザー(企業、個人など)がコンピュータ(ハードウェア、ソフトウェア)とデータを自身で所持し、管理しなければなりませんでした。
対して、クラウドCRMは、ユーザーがインターネットを経由してサービスを提供され、「利用料金を払う」というスタイルが一般的です。
ユーザー側はCRMの利用にあたり、最低限の接続環境さえ整っていればOKです。
posted by ロビン48 at 15:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。